読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R memo

(setq load-path (cons "/usr/share/emacs/site-lisp/ess" load-path))
(when (locate-library "ess-site")
(require 'ess-site))
(setq auto-mode-alist
(cons (cons "\\.[rR]$" 'R-mode) auto-mode-alist))
(autoload 'R-mode "ess-site" "Emacs Speaks Statistics mode" t)
;(setq ess-ask-for-ess-directory nil)
(setq ess-pre-run-hook
'((lambda () (setq S-directory default-directory)
(setq default-process-coding-system
'(utf-8-unix . utf-8-unix)))))
  • Tips

・結果をSTDOUTじゃなくてファイルに書くときはsink("file name")で指定.解除はsink()

  • よく忘れること

・リストはリンクリストとは違う.何でも入るリスト,ってイメージ.
・Factorはカテゴリ変数.カテゴリ変数のカテゴリ数はlevel(x)で取得できる.
・Rはnamesで要素に名前をつけることができる.ベクトルにつければ名前でアクセスできる.
・applyは行列またはデータフレームの行または列ごとに関数を適用するもの.よって,行と列のどっちに適用するか(1なら行,2なら列)を引数で渡す.
・laplyはリストに適用する.返り値もリスト.
・sapplyもリストに適用するけど,返り値がベクトル.